コーポレートメッセージ

 飲食業や小売業は、私たちの生活において不可欠な存在であり、一番身近な存在でもあります。
美味しいものを食べたい。素敵なものを買いたい。それは私たち誰もが思うことです。
しかし、生産年齢人口の減少による労働力不足や、いわゆるブラックな労働環境の問題など、
外食・小売産業は多くの課題も抱えています。
そうした課題を解決し、テクノロジーの力でよい良い外食、小売の姿を創り出していくのが、
リノシスのミッションです。

たとえば、三つ星レストランで食事をすること。お客としてそこを訪れることも簡単ではありませんし、
お店にとっても三つ星のクオリティに到達し維持していくのは大変なことです。
もしも、3つ星とまでいかなくても、一つ星クラスのレストランと同じレベルの味が
千円札1枚で楽しめるとしたらどうでしょう。素敵ですよね。
でも、それを作る店員さんたちが低賃金で過酷な労働を強いられているのだとしたら、
そんなものは決して素敵ではないし、いくら値段が安くても嬉しくありません。
それでは、低価格高品質を「テクノロジーによるイノベーション」が支えているとしたらどうでしょうか。
無理のあるコスト削減による低価格ではなく、明確な理由があって安くできているのだとしたら。
それは素敵なことだと、私たちは考えます。
美味しいものを食べたい。素敵なものを買いたい。 できれば、安いものを。
そして、それをつくっている人たちが笑顔であるようなものを。
ワガママな欲求かもしれません。でも、こんなワガママな顧客体験が実現できる社会のほうがいい。
そのために私たちリノシスは、「テクノロジーの力で、一つ星の顧客体験を実現する」という
ビジョンを掲げ、チャレンジを続けています。

 
 
 
 

See all our news